スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

就職活動の雑感(大学院生として)

就職活動終わりまして,ちょっとだけ燃え尽き症候群になりかけましたが,元気にやっております。


就職活動の感想です。あくまでも。


まあぼくは今理系大学院2回生でいわゆるM2ってやつなんですが,そんな僕が就職を期に文系就職を目指したわけで。

なんでかっていうと本音は・・・


1.研究面白くない
2,給料



なんですが,

まー就活の現場では,

自分の影響力が小さい

とか,

もっとお客さんのちかいとこで仕事がしたいとか

色々いうてました。


理系の院生の文系就職って意外にたくさんいらっしゃいますね。

僕は広告,金融,商社を中心に就職活動してましたが,結構たくさん出会いました。


面接数社受けましたが,そこで思ったのは


やっぱり院生にはハードルが高いなあと

そりゃそうですよ。

世間の学卒に比べたら働けるの2年短いわけですし,会社によるけど初任給も高い。

って考えたら院生のハードルは高くてあたりまえ。


問われるのはあれですね。

研究以外で頑張ったこと。
研究で頑張ったこと。
研究に進まない理由。
志望動機

ここまではオーソドックスなこと。それから地味に一番難しいんじゃないかと思うのが

自分やってる研究を文系の人にもわかるように説明すること。

これめちゃくちゃ難しい。

僕らが自明だと思ってたことが相手にはまったくもって自明じゃない。
基礎研究であればあるほど表現は難しいんじゃないかと思います。

僕が意識していたのは

研究の目的をはっきりわかりやすくすること。
この研究が成功すると社会がどう豊かになるかを伝えました。例えば,

この研究が成功すれば原発なんていらなくなります(キリッ

みたいなね。目的を相手に伝えることで相手も自分がやってる研究をイメージしやすいと思うんです。

まぁ今日のところはこんな感じです。
関連記事
スポンサーサイト

NNTからNNT

N(無い)N(内)T(定)

から

N(内)N(内)T(定)

になりました。


良かったです。


来年からどっかで働けます。
関連記事

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。